You may also like

JIDA Design Museum vol.16
JIDA Design Museum vol.16にyutanpoが選定されました。日本インダストリアルデザイン協会が、年間を通して優れたデザインを選出し表彰するものです。yutanpo selected for JIDA Design Museum vol.16 The Japan Industrial Design Association selects and awards outstanding designs throughout the year.
2015
KATEIGAHO
家庭画報2013年4月号に艸方窯の光る洗面器が掲載されました。Souhougama's lighting washbowl was featured in the April 2013 issue of Katei Gaho.
2013
pentawards 2020
pentawards 2020において「あゆのひらき」が金賞を「献上子持ちあゆ」が銅賞を受賞しました。AYU HIRAKI" won the Gold Award and "Premium Ayu Gift" won the Bronze Award at pentawards 2020.
2020
DESIGN & SELF WORK
大阪のギャラリーうえまちで開催のデザインとセルフワーク展に出展しました。ハガキサイズの絵画を展示しました。
2022
TOP AWARDS ASIA 2016
あゆのオイル漬けが、TOP AWARDS ASIA 2016を受賞しました。アジアの優れたパッケージを表彰するこの賞は応募制ではなく審査員が選定するのが特徴です。Ayu in oil won the TOP AWARDS ASIA 2016. This award, which recognizes outstanding packaging in Asia, is unique in that it is not based on an entry system, but rather is selected by a panel of judges.
2016
DESIGN NOTE No.81
デザインノート No.81『日本を元気にするロゴ&マーク特集』に掲載されました。Featured in Design Note No.81 "Logos & Marks to Energize Japan".
2018
OMI SENGOKU DESIGN
2019年3月 滋賀大学主催、滋賀の観光イノベーション研究会において、近江戦国デザイン論を発表しました。March 2019 Omi Warring States Design Theory presented at the Shiga University-sponsored Shiga Tourism Innovation Study Group.
2019
DESIGNERS FILE 2015
DESIGNERS FILE 2015に掲載されました。Featured in DESIGNERS FILE 2015.
2015
TAKEO PAPER SHOW 2023
「PACKAGING―機能と笑い」は文字通りパッケージという営みを、異なる二つの視点から見つめ直す試みです。 「機能」では、古典的な素材でありながら、テクノロジーや印刷加工技術の進展によって大きく変化している紙の近未来に目を向けます。「笑い」では、パッケージの魅力に情緒の観点から迫ります。素朴で飾らない、それでいて引き込まれる容器や包装の力には、誰もが覚えがあるはずです。今回はキュレーターとして迎えた梅原真氏に展示物の選定を一任し、一定の価値観で笑いを探求する「篩の目」になっていただきました。「笑い」カテゴリーに私たちの作品が展示されます。PACKAGING - FUNCTION AND LAUGHTER" is literally an attempt to rethink the activity of packaging from two different perspectives. In "Function," we look at the near future of paper, a classic material that has undergone significant changes due to advances in technology and printing and processing techniques. In the "Laughter" section, we will explore the appeal of packaging from an emotional point of view. We all remember the power of simple, unadorned, yet compelling containers and packaging. For this exhibition, we have entrusted the selection of exhibits to Makoto Umehara, whom we have invited as curator, and asked him to be the "sifting eye" that explores laughter with a certain sense of value.Our work will be exhibited in the "Laughter" category.
2023
https://www.takeopapershow.com/
PLAN
美容院向けの雑誌PLANの「美の思想」コーナーでyutanpoを掲載していただきました。Yutanpo was featured in the "Thought of Beauty" section of PLAN, a magazine for beauty salons
2017
Back to Top