シゴトバCAMPUS vol.00

シゴトバBASEでの秋田道夫先生との講演の様子が掲載されています。

こういったフォローをして頂けるのはこういうイベント存続にもとても大切ですし、ご苦労だと思いますがとてもありがたいことですね。

それにしても良い写真。

http://www.shigotoba-base.com/minami.html

今、一番自分の中でホットな「湯たんぽ」の話をしました。

光る洗面器の話題も用意していましたが、短い時間でそこまで話せませんでした。

どちらも、セラミック製品ですが、どちらも秋田先生とイロイロとオモイデ深いものになった仕事でありました。

私も陶器の世界に足をちょっぴり突っ込むなんて想像もしませんでした。

土は、自然のもので、思うようにはやらせてくれません。

焼く前にはきちんとした形をしていても、焼いたら言うことを聞いてくれません。

でも、焼かないと水を吸いますので求める機能を満たしてくれません。

どこの国にも焼き物はあります。

最初に土を焼いて器を作った人はすごい。

たかが土です。

材料費はほとんどかからない。

そんな焼き物に、数億円を出す人だっています。

なぜに、陶器がこれほどまでに人々を魅了するのか。

その答えが、ここに垣間見えます。

]]>

No Comments

Post a Comment