NHKあさいち 2022/09/22放送

NHKの8:15〜放送の「あさいち」

「愛(め)でたいnippon 滋賀 見たことのない!? 琵琶湖の知られざる魅力」で飛び出し坊やに隠された白銀比について紹介されました。

飛び出し坊は滋賀県発祥で、交通安全のために久田工芸によって考えられたものですが、この表情やデザインに私もかつてから注目しており、数々のオリジナル飛び出し坊やをデザインしてきました。

愛される理由には日本のキャラクーターの多くに使われている白銀比(1:1.414)がこのとび太くんにも隠されていることを見つけました。

 全体の比率も白銀比に近く、頭部はほぼ白銀比にぴったりです。

また、髪の毛と顔の部分の比率も1:0.4に近いことがわかりました。

これは、久田工芸製造の飛び出し坊やを正確に実測した結果から算出しています。

 

The “pop-up boy  TOBITA-kun” originated in Shiga Prefecture and was conceived by Hisada Kogei for traffic safety.

The reason why he is so well-loved is that I found that the ratio of silver to white (1:1.414), which is used in many Japanese caractors, is also hidden in this Tobita-kun.

 The overall ratio is also close to the Hakubin ratio, and the head is almost exactly to the Hakubin ratio.

We also found that the ratio of the hair to the face area is also close to 1:0.4.

This was calculated based on the results of accurate actual measurements of Hisada Kogei Manufacturing’s pop-up boy.