KYO-AKARI

赤坂サカスで開催されたCool Kyoto2011に間接照明用のLED「ウィルライン」を展示するためのブースのデザインを担当しました。

京都らしいアイデンティティと、ブースに強化ダンボールを用いることを求められました。

強化ダンボールの特性を活かし、美しい光の陰影を表現し、全体を統合させるデザインを考えました。

 

あかりの縦格子

間接照明によって強化ダンボールの縦格子を照らし出します。

狭く小さなスペースでありますが、遠くからでも目を引く空間的な展示什器としています。

LEDの商品をそのままただ見せるのではなく、どのようにLEDの効果があるのかを見せるものとし、

落ち着きのある美しい陰影をダンボールで描き出す事に成功しました。

LEDはあくまでも脇役であり、引き立たせるべきもの、照らし出すべきものを配置しました。

光の畳をイメージした強化ダンボールのベンチ。

裏側にはLEDが仕込まれており、畳自体が光るものとなります。

これは、強化段ボールだからこそ座ることができるものであります。

40cmという座りやすい高さに設定しており、来場者に休憩してもらいながら、素材に触れてもらうことができます。

商品説明を聞いてもらい、商品に見てもらうものです。

KYO-AKARI   / COOL KYOTO 2011

client:サンライテック株式会社

Copyright(c) Masahiro Minami. All right reserved.