ふなずしアイス

「ふなずしアイス」が誕生しました。

彦根の老舗「いと重菓舗」と「あゆの店きむら」のコラボ商品です。

正確にはふなずしの飯(いい)と呼ばれる。ふなと一緒に漬け込んだお米を使っており、ふなが入っているわけではありません。

この飯は、今までは、あまり用途がなく捨てられる事も多かった材料です。

イメージを覆し、臭みもなく、レアチーズのような感じでとても美味しいです。

img_6924

デザインを考える上で、まず想像したのは「ふなずし=臭い」という認識がされやすいことを想像しました。

中身は決して臭くない、美味しいものですから、このレアチーズのような美味しさをパッケージを通して適切に伝える必要があると思いました。

そして、ふなずしアイスは、まだ、世の中になかった商品です。

インパクト重視の変化球ではなく、直球、つまり美味しそうだと感じてもらえるパッケージで攻める必要があると思いました。

img_6927

あらかじめ使うことが決まっていたカップ容器の金のリングとのマッチングも熟慮した配色検討しました。

「ふなずし」からくる、さわやかな海のイメージのライトブルーで全体をまとめました。

ice creamなのですが、ふなずしのRiceを使っていることから、Rice creamとも読める構成としました。

img_6925

米のつぶつぶ食感も新鮮です。

ice_hi_res  

この商品は、中身は同じなのですが、「あゆの店きむらバージョン」と、「いと重バージョン」でパッケージやネーミングが異なる仕様です。

「左」の方が「あゆの店きむらバージョン」
「右」の方が「いと重バージョン」になります。

img_6928

 

いと重バージョンはふなずしの歌を詠んだ与謝蕪村から来るネーミングです。

販売価格はどちらも400円(税別)

販売元:木村水産株式会社

 

国宝・彦根城築城410年祭の彦根でお待ちしております