AZUCHI

azuchi_logo

近江八幡市に合併した安土ですが、織田信長の築城した安土城があった場所として有名です。

2020年には戦国時代を舞台としたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の放映が予定されており、

このマークは、安土地域を戦国テーマでブランディングするために考案したものです。

 

このシンボルマークのデザインは、信長のカブトのイメージですが、安土の山も表現しています。

このマークには安土の頭文字「A」が隠れています。

大きなカタマリ感のあるシンボルは、和のイメージでありながら、遠くからの視認性に優れ、シンプルで力強いシンボルです。

AZUCHI のロゴは、信長の南蛮文化からイメージする当時のポルトガルファッションをイメージさせるように検討しました。

重心を低くし、重さのあるデザインで、伝統を感じさせながらも力強く、モダンな印象も持ち合わせています。

落款は「安土」と書いた吉相体を使用したものです。

篆書体が基本になっていますが、外に向かって広がるような形状が特徴で、易学や風水で開運に用いられる書体です。

%e7%9c%8b%e6%9d%bf%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99