カイツブリのペーパーウェイト

 

もう、何年も前になりますが、企業間の贈答品としてカイツブリのペーパーウェイトをデザインしました。

その後、滋賀バルブ協同組合がノベルティで使いたいと言ってこられました。

それは良いのですが、持ってこられたパッケージが写真左です。

プラスチックに入れられたなんとも窮屈そうな金属製カイツブリのペーパーウェイト。

これで配るのは困るということで、私がパッケージデザインと説明書をデザインしたのが右です。

 

環境に優しいビワライトという銅合金を使っているので、エコな印象を与える紙箱の方が良いではありませんか?

コストも変わらず、かつ、デザインで印象が大きく変わるのです。

パッケージがどれだけ大事かということです。

 

デザインは足すものでも、表面でもありません。

そのものの本質を見極め、どうしたらその魅力が適切に伝わるかを考えるプロセス自体がデザインです。

 

以下で、ご購入いただけます。

滋賀・彦根の記念品、ノベルティ、お土産にいかがでしょうか。

カイツブリのペーパーウェイト 琵琶湖の水鳥 

Would you like to comment?

コメントを残す