私の仕事の話

私の最近の仕事を簡単に説明するのは難しいですが、少し書きたいと思います。

商品単品の開発をお願いされるケースが多いのですが、商品単品をデザインしても、なかなか売れる商品にはなりません。

良いものを作れば売れると思われている経営者も未だ多く、そういう時代も確かにありました。

しかし、今は「いかにお客さんにファンになってもらうか」それがとても重要になっています。

中身が良いものであるのは前提ですが、商品名、ロゴ、パッケージ、リーフレット、カタログ、ホームページ、お店、ショップカード、ユニフォーム、店員さんまで、商品に関わる全てに会社の考えを表現する必要があります。

つまり、金太郎飴のごとく、どこを切っても、同じ考え方で一貫していることが重要だと考えます。

今はさらに作られる背景、ストーリーで商品を買う時代になりました。

その商品の背景、地域、歴史、素材から始まる、商品の作られ方であるとか、作っている人、売っている人、につながる「ストーリー」がとても重要で、お客様はそういった背景を知って買うという時代になっています。

せっかく、良いものを作っているのに、良いものに見えないような売り方をしているケースも多々あります。クライアント様とヒアリングをしていて、「そんな良いストーリーがあるのだ」と感心することも多いです。経営者が自社の強みに気がついていないことも多いのです。

私の仕事は、最後はデザインという形にしますが、そこに至るまでの、リサーチであったり、思索であったり、計画するところが重要であり、プロセスにかける時間がとても長く、非常に難しい部分です。

これは、チラシ一枚を依頼されて、クライアントの要求をパズルのごとく当てはめていくような作業とは全く異なります。

「そもそも、この商品をPRするのに、チラシが必要なのか?」

「この商品の本質的価値はなんだろう?」

「この会社は今までどんな商品を開発し、今後、どんな商品を作って、社会の中で、どういう存在になりたいのか?」

そこまで考えないと、チラシ一枚のデザインはできないですし、ひょっとしたら、チラシ以外の方法が正しいのかもしれません。

ですから、商品のデザインを頼まれても「はい、わかりました」と簡単にはいかないものであり、

しばしば、クライアントの最初の想いとは異なる方向に向かう場合も多いです。

下の図は、よくあるパターンと、私の目指すブランディングの違いを図化したものです。

東京では細分化された専門家が求められますが、地方では一人でなんでもできる人が求められていると感じます。

onestop_diagram

「デザイン」とは中身の外側にまとう、格好だけ、見た目だけのもの。と多くの方に思われています。

ですから、いろんなことが社内で決まったあとに、外注先として、最後に「デザインお願い」と持ってこられる場合が多いです。

そういう意味では私の仕事は上記の狭義でのデザインではなく、どちらかというとマネージメントに近いものだと思います。

しかし、最終的にできる「デザインや形」というものはとても強力なツールであり、表現力です。

いくら、企画(ジャンプ)が良くても最後のデザイン(着地)がダメならこけてしまいます。

経営者と対等に、二人三脚で進まなければ成功しないものです。

経営的な部分と、デザインというのは切っても切り離せないわけですが、日本において、経営とデザインの分野は遠く離れています。

欧州の大学では、デザインマネジメント(経営)を学ぶところが数多くあります。中小企業がほとんどを占めるイタリアなど、デザインを経営の柱にし世界とビジネスをしています。

日本では経営者はデザインのことはわからないし、デザイナーは経営のことはわからないのです。

だから、デザインを外注にして、成功するか失敗するかは博打みたいな部分もあります。

私は様々な企業様とお仕事をさせていただく中で、デザインの果たす役割の大きさを痛感しています。

作れば売れた時代から、商品を通じて考えを適切に伝えていかなければいけない時代になりました。

そんなお手伝いをしているというのが私の今の仕事です。

 

 

2017年3月28日 南 政宏

Would you like to comment?

コメントを残す