小さなお店

私にも様々な相談がきますが、世の中にはまだまだ知られていない良いものやお店がたくさんあるのだな。と思います。

相談に来られたことがきっかけで、そのお店や商品のファンになることが少なくないということです。

私もひょっとしたら一生知らなかったかもしれない。

先日も、そんなこだわった商品を作られているお店にアドバイスに行きました。

世の中の量産品がいかに経済性を優先して作られているか。

そういう小さいお店に行くとよくわかります。

インターネットの発展で、情報の多くが手に入りやすくなったように感じる一方で、画一的な情報しかアクセスしにくくなっています。

大きな資本力を持つところはますます大きな宣伝を打ち、どこに行ってもそれしか見えないようになります。

その中で使われている素材なども見えにくく、デザインは売るための手段と化しています。

良くないものでも、売るためにデザインは使われています。

 

小さい会社や商店は、以前より知られることがより少なくなっているのではないでしょうか。

そんな、埋もれてしまって誰にも気づかれない良い物を、より多くの人に知ってもらうために、デザインの果たす役割は大きいと思います。

良いものがこんなにあるのだから、ちゃんと伝えて売れるようになって欲しいと思います。

そんなお手伝いをしています。

 

Would you like to comment?

コメントを残す