未来は今。

今日、就職活動をしている二人の学生が別々の場所で私に同じことを言いました。

「就活で時間が無い中で、どれだけ絶対に受かるための準備ができるかだと思う」

就活は、もしこの会社がダメだったらと思って、行きたくもない会社のエントリーをたくさんしたりしがちです。

多くの学生が不安からこういう思考回路であることでしょう。

でも、これはやはり、可能性を広げているようで、実は自分から可能性を遠ざけているようなものです。

本当に行きたい一社があるなら、その一社に全力をかけたらいいと思います。(面接などの慣れは必要)

その代わり、執念を見せなければならないと思います。

「人は執念でものを作らなくなった。」西岡常一さんという大工は言いました。

執念はきっと表現されるし、伝わると思います。

 

私も10年以上学生を観てきましたが、制作や研究に執念がにじみ出ている学生は数えるほどしかいません。

それらの学生は卒業して何をしているか。

みんな素晴らしい仕事をして、周囲を引っ張る存在になっています。

 

「今はダメだけれど、いつかきっと。」はない。

今、すでにそうある。

未来は今ある。

これが全てではないでしょうか。

 

Would you like to comment?

コメントを残す