糖尿病患者のためのポーチブランド i_llumi

私の教え子の高杉昭吾さんは修士研究で糖尿病患者のためのポーチのデザインを研究テーマにしましたが、彼は就職せずに、卒業後一年かけてそれらの商品化を進めてきました。

糖尿病は、年々増加の一途をたどり、日本でも950万人。もはや身近な病気であります。

糖尿病患者は注射器をはじめとする、複数の医療機器や薬品を常に携帯しなければなりませんが、各医療機器ごとに専用ケースは付属しているものの、それらはバラバラにデザインされており、それらをまとめて収納、携帯できる容器は今までありませんでした。

多くの患者は、化粧品ポーチ等を利用して収納していますが、専用に設計されたわけではないので、使い勝手が悪く、また、持ち歩きたいと思える製品がないということに悩まされているようです。

彼は、様々な患者会や学会に出向き、ユーザー調査と試作を重ね、専用ポーチのブランドを立ち上げました。

2014年春の発売に向けてサイトが完成し、販売の目処が立ちつつありますので、身近な患者の方がおられましたらご紹介いただければと思います。

http://i-llumi.com/

Would you like to comment?

コメントを残す