目の前にある小さな資産

多くの人は目の前にある資産を活かすことをせず、遠くばかり見てしまいがちだと思います。

いつ辿り着けるかわからない、遠くのものに気を取られるより、

足元にある、小さな資産をどう大きくするかではないでしょうか。

誰の元にも、小さな資産なら、あるはずです。

多くのものに手を出すより、一つを確実にしていく。

価値のないものに価値を作るのは、自分のものさし。

足元に転がっているものに目を向けて、大事にすべきだと思います。

 

私自身に言い聞かせたいと思い書きました。

Would you like to comment?

コメントを残す