深海のクリスマス メガクリ!

ワールド学生コラボ2013

今年あたえられたテーマは「最大装飾主義」MAXIMALISM

イオンモール名古屋 MOZOワンダーシティのFLAXUSのショーウィンドーに学生18人で挑みました。

 

今年NHKで話題となった、ダイオオイカ。

そして、深海でダイオオイカと激しい戦いを繰り広げるマッコウクジラ。

2匹とも、クリスマスだけは休戦。

そのまま平和を目指します。

そんな深海でのクリスマスを2つのウィンドーで最大限に表現しました。

今年、滋賀にも直撃した台風18号。

マッコウクジラは、台風で大量に生まれた琵琶湖の流木2000本でできています。

200kg以上はあるかと思われるボディーを強化段ボールの下地で支えています。

AKB48のファンから多数送られて来た大量のCDを使いダイオオイカのボディーは作られています。

※AKB48のファンはCD1枚1票で投票できるため、同じCDを大量購入して投票するそうです。

どちらもメインの素材は廃品と呼べるものです。

イカの足は、お弁当などでおかずを入れるのに使われるアルミカップで作成し、

背景にはストローを使用しました。

 

朝5時出発で帰ってきたのは、翌日25時でした。

学生のチームワークも良く、みんなよく頑張りました。

 

12月25日のクリスマスまで、名古屋で皆さんに会えるのをお待ちしています。

3mx5mもある大きなディスプレイですが、展示終了後、捨てるのはもったいない。

どこかでご活用いただける先がございましたら、ご連絡ください。

 

ワールド産学アートルームプロジェクト「学生コラボ」のFacebook ページはこちら

 

Would you like to comment?

コメントを残す