本物を知る

三種類のインクを試してみました。

ウインザー&ニュートン。ホルベイン。パーカー。

なぜか、パーカーのインクが最も素晴らしい。

パーカーのインクは絵を描くようではないはずですが。

 

アナログな世界には、いろいろな情報が埋め込まれています。

水が乾くことや、表面張力のこと、水分量で色が変わること、紙は汚さないように気をつけること、筆は大切に手入れしないとダメになってしまうこと。

今の学生は、本物を知らなくなっていることで、いろいろなことが平気になっている気もします。

机の上に消しゴムのカスを沢山放置したまま帰ってしまうことも、

知らない単語の意味を知らなくても平気なのも、なにかつながっている気がします。

 

パソコンではゴミは自動で更新されますが、実際の世界ではそうではない。

 

パソコンがすごいなんて思わないことが肝心です。

パソコンがないと仕事ができないのは事実ですが、核のところはそうではない。

自分の方が絶対良い物ができると確信しながら使うことです。

本物のすごさを知ることです。

 

 

 

 

Would you like to comment?

コメントを残す