久田工芸

今日は朝から、東近江市にある久田工芸さんへ。

この看板屋さん、滋賀から飛び出して全国区になりつつあります。

この長大な糸のこで何を作っているのかと言いますと。

滋賀の人には、おなじみ。

そう、飛び出し坊やです。

滋賀県が発祥と言われる飛び出し坊や。

みうらじゅん氏は、ここで製作されたものが、現在主流となっている飛び出し坊やの元祖であるとして、「0系」と命名しています。(とび太くんとも言う)

このおかげで、最近は全国放送の番組でも取材が来るようになりました。

 

このおじさんが生みの親。

飛び出し坊やは他にもありますが、「0系」のデザインの完成度にかなうものはいません。

このなんともシンプルでインパクトがあり、時間が経っても古びない造形力。

これが0系の魅力です。

一品一品、手作りです。

色も筆で塗っています。

これは、白い服のバージョンではなく、下地の白です。

他にも、おばあさんのものなどもあります。

辻中君が飛び出し坊や0系を一体購入しました。

一体、何に使うのでしょうか?

 

 —————————————————-

この話の続きを追記します。

辻中君は、このあと滋賀県立大学の卒業制作として「滋賀を勝手に広告」を制作しました。

滋賀を代表する企業の広告を勝手に作成。

その中で、久田工芸も取り上げました。

この時に、購入した0系を使用してポスターを制作しました。

よかったら、下記リンクからご覧下さい。

 久田工芸を勝手に広告。

 

滋賀彦根新聞掲載

Would you like to comment?

コメントを残す