マグカップ

ゼミの課題でマグカップを作りました。

正確には、信楽の窯元にご協力いただきました。

自分で作るのはさすがに難しいので、把手だけ作り、本体はデザインを指示して作って頂きました。

マグカップと言っているのに、コーヒーカップみたいになった人も。

やはり評価を得たのは、らしいサイズ感を出せた人でしょうか。

「図面ではイマイチだなと思っていたものでも、出来上がると一番良かった」と窯元のご意見も。

立体になった後を想像してデザインできるというのは一つのスキルです。

学生の要望を聞いていると、様々な釉薬を使い、酸化、還元、温度もみんな違うということで、全部焼くのに時間がかかってしまいましたが、なかなかの出来映えです。

お店で売ってたら1個3500〜4000円はする感じの仕上がりです。

 

自分で作って、使えば不満や改善点も目につきやすくなります。

デザイナーの責任というのも感じてもらえたはずです。

職人さんへ自分の意図を伝えることの難しさも知れます。

そして、作り手の大変さを知れば、製品への価値観も変わってきます。

 

Would you like to comment?

コメントを残す