ファンズワース邸

18才の時に描いたファンズワース邸。

建築は透視図で描き、敷地は想像で好きに描きなさいという課題。

自分でも、そんなに上手いとは言えませんが、

今日は18才の学生作品の講評をしましたが、みんな小学生みたいな絵であります。

想像こそ、想像でしない。

 

まず、現象や現物を観察することが大切です。

どうしたら自然に見えるか。

影はどうなるか?

ガラスの写り込みは?

 

先生は誰の目の前にもあるものです。

 

 

Would you like to comment?

コメントを残す