コンペに勝つ(その1)

デザインコンペに勝つにはどうしたらいいか?

私に多く聞かれる質問です。

先日も、都合が合わずお断りしましたが、某大学でのコンペについての対談によばれるはずでした。

某大学の二年生の学生が企画し、デザイナーたちに声かけし、集まり、コンペについて対談するというものです。

まだ二年生になったばかりの学生たちなのに、非常に行動力があり感心します。

ちなみに、私の在籍する滋賀県立大学の生活デザイン学科の学生で自分から進んでコンペをやっている人はほぼいません。

そんな中、私は三年生ゼミで学生にゼミ活動で、無理矢理、やらせている状態です。

そんな感じではありますが、今まで指導した学生は通算50くらいの賞を取り、総額200万以上の賞金にはなっているかと思います。

それをきっかけに、自信をつけ、さらに上を目指し、デザイナーを目指し、良い企業を目指し、内定し、そして、大学の知名度をあげて、良い学生が入学してくるように。

と良い循環を作ることが私の仕事かなと思ってきました。

しかし、ある程度ゼミで指導したとしても、その後、個人的にコンペをやる人はほぼゼロです。

本人にデザインにそこまで興味がないという所です。なんだかもったいない気がするのです。

私は、自分で言うのもなんですが、これに関しては自信があります。

今でこそ、自分でコンペはやってませんが、今まで通算400回くらい応募しました。多い時は一年間に50回です。

そう思うと、私に運はないし、センスはないし、勝率は低い。

ただ数では負けない。

それだけですが、そんな中から得たものも確かにあります。

実務と、教育の両方で、今の私を支えているのはそういった、毎日アイデアを出し続けてきた修練の積み重ねです。

そんな私の知識やノウハウを、もっとやる気のある学生のために役立てたいなと思いブログに書こうかと今更、思い立った次第です。

(続く?)

2 Comments. Would you like to comment?

コメントを残す